ペペス・イカン【魚とスパイスの包み焼き】のレシピ・作り方 インドネシア料理

まぐろの幼魚、かつお、サバなどの魚を茹でてからスパイスと一緒にバナナの葉で包んで焼いた料理です。

バナナの葉の独特な香りとスパイシーでサッパリした味つけで食欲がない時でも箸がすすむ絶品おかずです  

目次

ペペス・イカン【魚とスパイスの包み焼き】の材料 (インドネシア料理)

材料(6人分)

  • 魚(まぐろの幼魚、鰹、鯖など) 500g 
  • 月桂樹の葉 2枚
  • レモングラス 2本
  • しょうが 1片
  • 塩 カレースプーン1

香辛料

  • ニンニク 3~4片
  • バワンメラ(赤小玉ねぎ) 8こ
  • チャベーブサール (15センチくらいの辛くない唐辛子) 1こ
  • キャンドルナッツ 3こ
  • しょうが 1片
  • ナンキョウ 1片
  • ターメリック 1片
    (パウダーの場合はティースプーン1)
  • バンウコン
    (なければ入れなくてOK)
  • レモングラス 2本
  • トマト(90gくらい、完熟前がオススメ) 1こ
    (半分は香辛料と一緒に切ってペースト状に、半分は6等分にスライスして包む時に)
  • 唐辛子(3センチくらいの辛いもの) 5こ
    (唐辛子の量はお好みで調整して下さい。)

調味料

  • 塩 ティースプーン1と1/2

その他

  • バナナの葉
    フライパンのサイズ 2枚
    13センチ × 14センチ 6枚
    14センチ × 20センチ 6枚
  • 月桂樹の葉 6枚
  • つまようじ 12本 
    (または竹ひごなど、12箇所とめられる量)

赤小玉ねぎ、キャンドルナッツ、ナンキョウ、バナナの葉はインターネットでも購入できます。

代用品のご紹介

少々風味は変わりますが、参考にしてみて下さい。

  • 赤小玉ねぎ →  玉葱
  • チャベーブサール → 赤パプリカ
  • キャンドルナッツ → マカダミアナッツ、カシューナッツ
  • トラシ → ナンプラー 

ペペス・イカン【魚とスパイスの包み焼き】の作り方

STEP
バナナの葉を準備する

バナナの葉を幅13センチ(6枚)、14センチ(6枚)、フライパンから少しはみ出すくらいのサイズ(2枚)に手でさく

外側の薄い部分の斜めになっているところをまっすぐにハサミで切る

幅13センチの葉は長さ14センチに切る

幅14センチの葉は長さ20センチに切る

フライパンサイズの葉は、フライパンから少しはみ出すくらいのサイズに切る

カットしたバナナの葉は、しっかり絞った布巾で水拭きする

バナナの葉を切った時に出る液は透明ですが、服などにつくと後で茶色くなって落ちないので気をつけて下さい。

STEP
魚を茹でるハーブを準備をする

しょうが1片は洗って皮つきのままスライスする

レモングラスは包丁の柄でたたいて結ぶ

鍋に月桂樹の葉2枚、レモングラス、しょうがを入れる

STEP
魚の下処理をして、茹でる

魚は頭と内臓を取り除き、表面とおなかの中をさっと洗って②の鍋に入れる

塩カレースプーン1と魚が浸るくらいの水を入れて、湯を沸かす

沸騰する手前で火を小さくし、沸騰するかしないかくらいの温度で火加減をみながら20分茹でる
 

STEP
香辛料を切る

唐辛子以外の香辛料は、皮をむき適当な大きさに切る

(チャベーブサールは縦半分に切って種を取り除いてから切る。トマトの皮はむかない)

唐辛子はみじん切りにしておく

STEP
香辛料をペースト状にする

唐辛子以外の香辛料(トマトは半分)と塩ティースプーン1と1/2を石臼(またはブレンダー)でペースト状にする

STEP
スパイスを炒める

フライパンに薄く油をひいてスパイス⑤を弱火で3~5分炒める。味見して、塩で味を調える

STEP
茹でた魚をほぐす

魚③を鍋から取り出し、粗熱がとれたら背びれ、胸びれの周りの鱗を取り除く

手で半分に開いて、中骨と背びれ、尻びれ、腹骨を取り除く

適当な大きさに手でほぐす

STEP
魚とスパイスを混ぜ合わせる

魚⑦、スパイス⑥、みじん切りにした唐辛子④をボウルに入れて混ぜ合わせて、6等分に分ける

STEP
バナナの葉で包む

トマト半分を6等分にスライスする

14×20の葉の上に13×14の葉を重ね、月桂樹の葉をおいて⑧をのせ、スライスしたトマトをのせる

バナナの葉で包んで両端をつまようじなどでとめる

STEP
ペペスを焼く

フライパンにフライパンサイズのバナナの葉を敷いて⑨を並べて、バナナの葉で蓋をしてとろ火で焼く

20分~30分くらい焼いたらひっくり返して両面焼く

合計45分~60分焼いて両面の葉がほんのり焦げたら出来上がり

食べる時にバナナの葉を開いて、月桂樹の葉を取り除いて下さい

材料の名前・簡単なインドネシア語講座

材料の名前は、分かりやすいものは日本語で表記していますが、直訳できないものはそのまま現地のインドネシア語で表記しているものもあります。

この料理で使った材料のインドネシア語を紹介しています

  1. tomat トマッ(トマト)
  2. bawang putih バワン プティ(ニンニク)
  3. kemiri クミリ(キャンドルナッツ)
  4. serai スレイ(レモングラス)
  5. cabai besar merah チャベー ブサール メラー(大きい赤唐辛子)
  6. lengkuas ルンクアス(ナンキョウ)
  7. jahe ジャヘ(生姜)
  8. kencur クンチュール(ばんうこん)
  9. kunyit クニッ(ターメリック・ウコン)
  10. bawang merah バワン メラ(赤小玉ねぎ)
  11. cabai rawit チャベー ラウィッ(唐辛子)
  12. ikan イカン(魚)
  13. daun pisang ダウン ピサン(バナナの葉)
  14. daun salam ダウン サラム(月桂樹の葉)
  15. daun jeruk ダウン ジュルッ(コブミカンの葉)
  16. garam ガラム(塩)

簡単なインドネシア語講座コーナーです

インドネシア語、カタカナで読み方、(かっこ)内は日本語

日本名がない場合は、出来るだけ近い言葉にしています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次